レーザー治療を導入いたしました。

現在、レーザー治療器は、さまざまな医療現場で使われています。

歯科用レーザーにも色々な種類があり、それぞれ微妙に得意分野があります。

当医院の使用しているレーザーは
炭酸ガス(CO2)レーザー」です。
生体にたいして最も安全と言われている種類のレーザーです。

 




炭酸ガスレーザーの得意な効果としては、
1、痛みをとる。
2、傷・炎症を速く治す。
3、免疫機能を高める。

            の3つが有名です

 

 

治療に適している症状

1.口内炎の治療

歯茎に膿がたまって腫れや痛みが出ているような時、レーザー治療することにより歯茎の消毒、歯茎からの排膿を促し、症状を改善します。

2.知覚過敏

歯ぐきがやせるなどして、冷たい物が歯にしみるような知覚過敏症の場合も、歯の神経を鎮静し効果的です。

3.入れ歯でできた傷(潰瘍)

歯肉の一部に入れ歯が強くあたってできた傷の痛みを緩和させ、さらに早く治すことができます。

4.歯周病

レーザーを照射することにより、細菌数の減少をはかり、炎症組織を焼き取ります。レーザー光には「創傷治癒促進作用」といって、傷ついた組織・細胞の再生を促す作用があります。その為、歯周病の「再発率」が低いという特徴を持っています。

5.歯肉メラニン除去

メラニン色素が沈着して紫や黒ずんだ色の歯ぐきをレーザー照射によっていきいきとしたピンク色の歯ぐきに変えることができます。

6.インプラント周囲炎

インプラントの際に、治療するところにレーザーを照射する事によって、周囲を滅菌し、歯肉を整えることで、安全で回復の早い手術を行う事ができます。

  

https://www.gcdental.co.jp/gaslaser/movie.html

GC社 HPより引用

レーザー治療についてご質問などございましたらお問い合わせください。