何が違うの?子供の矯正と大人の矯正。

 

   大人の矯正は今ある歯を綺麗に並べていくのに対し、永久歯が生え変わる12歳以下の子供の矯正は、その後生えてくる永久歯の歯並びを矯正する目的で行われます。

上下のあごの大きさや位置のバランスを整え、かみ合わせのズレを正し、また顎の成長を促すことにより将来生えてくる永久歯がきれいに生えてくるスペースを確保する治療が主になります。

よくみなさまから「何歳くらいから矯正をはじめたら良いの?」という質問を頂きます。実はこれ、という答えはありません。

一口に歯並びが悪いといっても、受け口(反対咬合)や出っ歯(上顎前突)、乱ぐい(叢生)など色々なケースがあります。 これらはそれぞれに治療スタートに適した年齢(時期)があります。

下の写真はマウスピースにより顎の成長を促し歯の生えるスペースを確保して矯正を行いました。

成人矯正のようにバンドを付流のではなく、マウスピースで歯並びを整える事ができることもあります。

  

望ましいのは「できるだけ早いうちに見せてください」ということです。その方に応じたアドバイスもできますし「もう治療をはじめたほうが良いですね」という人もいれば「まだ時期が早いので一年後にまた見せてください」と定期観察になる人もいます。さらに早期に治療をスタートすると歯を抜かなくても並べられる可能性が高くなる、という大きなメリットもあります。 とはいってもご家庭では判断が難しいと思いますので専門医による相談をおすすめします。

当院では月に一回、毎月最終の水曜日に矯正専門医による無料相談を行なっておりますので、歯並びで気になることがございましたらお気軽にご相談下さい。