月別アーカイブ: 2019年9月

小児矯正の基礎知識3~治療を始める時期 メリットとデメリット~

皆さんこんにちは、学芸大学駅最寄りの碑文谷さくら通り歯科クリニック院長の太田です。
今月の「歯の話」は『小児矯正の基礎知識3~治療を始める時期 メリットとデメリット~』です。

いつごろから始めたらよいのでしょうか?

お子さんの歯やあごの状態や成長度合いはそれぞれのお子さんで違いますし、歯科医師の先生にもそれぞれの考え方があります。あごの骨の成長をコントロールすることを主眼に置くと、あごが活発に成長する時期、上あごの場合7~8歳、下あごでは11歳からの2~3年間に合わせて治療を行うと効果が大きいとされています。この時期も男の子と女の子では差がありますし、もちろん個人個人で変わってきます。

メリットとデメリットは?

以前にも書いた、成長期なのであごの骨の成長をある程度コントロールできる、という点に加えて、メリットとしては、

  • 永久歯を抜歯する可能性が低い・・・これもあごの成長をコントロールできることに起因します
  • 歯を動かしやすく、動くのも速い・・・あごの骨がまだ柔らかいので
  • 費用的に安くすむことが多い、ただし適切な時期に治療を行えた場合

などが挙げられます。

次にデメリットとしては、以下が考えられます。

  • 通院期間が長くなることがある・・・永久歯がすべて生えそろうまで経過観察が必要なため。
  • むし歯になりやすい・・・子どもの歯は柔らかいこと、矯正中は歯みがきがしにくく行き届かなくなりがちなこと、などに因ります。途中でむし歯になって治療が必要ということになると矯正の方は中断ということもあります。矯正治療を始める前にむし歯を治しておくことに加えて、矯正治療中も口腔ケアは大切になってきます。
  • 子どものモチベーション次第で効果が出ないこともある・・・特に着脱式の矯正装置の場合、ご家庭で取り付けることになるので、お子さんのやる気が重要になってきます。

矯正治療に限らず、医師とよく話をして、納得して治療に入ることが重要です。なかでも矯正治療は治療期間も長く、費用もかかるので、少しでも不安や疑問があれば、専門医に相談するのがよいでしょう。

レーザー治療を導入いたしました。

現在、レーザー治療器は、さまざまな医療現場で使われています。

歯科用レーザーにも色々な種類があり、それぞれ微妙に得意分野があります。

当医院の使用しているレーザーは
炭酸ガス(CO2)レーザー」です。
生体にたいして最も安全と言われている種類のレーザーです。

 

炭酸ガスレーザーの得意な効果としては、
1、痛みをとる。
2、傷・炎症を速く治す。
3、免疫機能を高める。

            の3つが有名です

 

 

治療に適している症状

1.口内炎の治療

歯茎に膿がたまって腫れや痛みが出ているような時、レーザー治療することにより歯茎の消毒、歯茎からの排膿を促し、症状を改善します。

2.知覚過敏

歯ぐきがやせるなどして、冷たい物が歯にしみるような知覚過敏症の場合も、歯の神経を鎮静し効果的です。

3.入れ歯でできた傷(潰瘍)

歯肉の一部に入れ歯が強くあたってできた傷の痛みを緩和させ、さらに早く治すことができます。

4.歯周病

レーザーを照射することにより、細菌数の減少をはかり、炎症組織を焼き取ります。レーザー光には「創傷治癒促進作用」といって、傷ついた組織・細胞の再生を促す作用があります。その為、歯周病の「再発率」が低いという特徴を持っています。

5.歯肉メラニン除去

メラニン色素が沈着して紫や黒ずんだ色の歯ぐきをレーザー照射によっていきいきとしたピンク色の歯ぐきに変えることができます。

6.インプラント周囲炎

インプラントの際に、治療するところにレーザーを照射する事によって、周囲を滅菌し、歯肉を整えることで、安全で回復の早い手術を行う事ができます。

  

https://www.gcdental.co.jp/gaslaser/movie.html

GC社 HPより引用

レーザー治療についてご質問などございましたらお問い合わせください。