歯の話」カテゴリーアーカイブ

お子さんのためのお口のケア

むし歯の痛みは独特で、できれば体験したくないものです。それに歯はほかの器官と違って、一度むし歯になってしまうと二度と元には戻りません。骨折のときのように折れたところがくっつくというようなことはありません。しかし、小さいときから正しいお口のケアをしていれば、その痛みや悲しさを知ることなく過ごすことができます。お子さんのお口のケアについて成長に合わせてみていきます。

0~2歳くらいまで

乳歯が生え始めるのは生後6ヶ月くらいです。まだお子さんが自分で歯を磨くことはできませんので、歯磨きは保護者の方が行ってあげます。お子さんを寝かせて頭を膝の上に載せ、後ろから磨きます。乳歯は柔らかくむし歯菌に侵されやすいのでしっかり磨きます。特に寝ているとき、より繁殖するので、お休み前の歯みがきは重要です。
むし歯菌は生まれたばかりの赤ちゃんの口のなかにはいません。成長するにつれて近親者などが持っている菌が入ってきて感染します。生え始めから2歳半くらいまでが感染しやすいと言われています。お口の中の細菌は、3歳くらいまでにその構成比率が決まってくるので、それまでむし歯菌に感染しないよう気をつけていれば、その後はずっとむし歯になりにくい口の中でいることができます。親が噛み砕いた食べ物を与えたり、スプーンの口移しや、スキンシップのキスなどは、この時期は控えましょう。保護者の方ご自身のお口のケアも大切です、むし歯菌の量を少なくしておけば、それだけ感染のリスクも低くなります。

2歳~5歳

2歳を過ぎたくらいから、お子さんがご自身で磨く練習を始めます。最初から上手には磨けませんから、あとで保護者が仕上げ磨きをします。 お子さんを立たせて後ろにまわり、お子さんの頭をお腹と腕で固定して磨きます。
お子さんの上達具合をみながら、5歳くらいまでは続けた方がよいでしょう。
歯ブラシをお口のなかに入れることを嫌がるお子さんもいらっしゃいますが、野菜スティックをご飯のときに出して慣れさせるという方法もあります。

十分にケアを行ってきてもむし歯ができてしまう場合があります。そのようなときはどうせ生えかわるからと言って放置せず、治療をしてください。
そのままにしておくとお口のなかのむし歯菌が多くなってしまい、他の歯のむし歯リスクが高まります。

6歳から

永久歯への生え変わりが始まると、生える途中の部分は食べかすなどが溜まりやすくなります。
また乳歯と永久歯と混在して凹凸のある複雑な並びになるので、磨きにくくなります。
自分で磨かせることが基本ですが低学年のうちは磨き残しをチェックしてあげるのがよいでしょう。
高学年になるにつれ、自分で完璧に磨けるように指導していきます。

ご紹介した方法は決してむずかしくはないですが、習慣になってキチンと行うことができれば、むし歯を知らない、美しい歯の持ち主になることができます。

妊娠時のお⼝のケア

妊娠すると体にさまざまな変化が表われますが、つわりや女性ホルモンの増加などは、お口の中の衛生状態にも影響してきます。妊娠中のお口のケアの注意点を見てみます。

妊娠中と言っても、お口のケアはブラッシングが基本で、変わることはありません。しかし、つわりなどで口にものを入れるのは辛いときもあるでしょうから、工夫が必要です。

具体的な方法を挙げてみます。

  • 無理をせず、体調の良いときを見てブラッシングをする
  • 小刻みに歯ブラシを動かすようにする
  • ヘッドは小さめで毛も柔らかめな歯ブラシを使う
  • 顔をやや下に向けて、前に掻き出すようにブラッシングする
  • においの強いものや刺激のある歯磨き剤は使わない

これらの工夫をしてもブラッシングが辛いというときは、洗口剤やデンタルリンスを使ってうがいだけでもおこなってください。単に食事のあとに水を飲むことだけでも、口腔内の雑菌やむし歯菌の繁殖を抑える効果はありますし、唾液も出やすくなります。キシリトールやリカルデントの入ったガムやタブレットも口にできるときは利用しましょう。

また、もうひとつ気がかりなのは、妊娠中、歯の治療を行わなければならないときです。妊娠前に治療を済ませておくことが望ましいですが、安定期(4か月後半~8か月)であれば、治療を受けても問題はありません。出産後まで伸ばしてしまうと、育児に追われて、ご自身の治療は後回しになってしまうこともあるかもしれません。安定期のうちに治療されておくことをおすすめします。

治療のときのレントゲンや麻酔、お薬なども胎児に影響が出ないか不安かもしれません。歯科で行うレントゲンや麻酔は局部的なものですし、レントゲンでは鉛のエプロンも着用しますので、影響はありません。お薬やその他の治療についても、妊娠中であることを言っておけば、歯科医師の方で赤ちゃんに影響のない治療や薬を選択して治療を行います。

妊娠中はストレスに弱くなりますし、心配ごとや不安も多いことでしょう。お口のなかについては少しの工夫で問題を防ぐことができます。あまり神経質に考えないでリラックスした気分で妊娠期を過ごしましょう。

妊娠中のお⼝の中は

女性の人生のなかで大きな出来事のひとつである妊娠。お腹のなかで赤ちゃんを育てるだけでも大変ですが、ほかにも体調や健康にさまざま影響を及ぼします。お口の中へはどうでしょうか。

妊娠すると女性ホルモンの分泌が盛んになります。エストロゲンやプロゲステロンといった女性ホルモンによって、それらを好む歯周病菌が増殖する傾向があります。加えて女性ホルモンは血管透過性を高めるのですが、それによって歯茎が腫れやすくなります。女性ホルモンの影響はほかにもあって、妊娠中、唾液の量が減ってしまうのもその一つと言われています。唾液自体もつわりによる胃酸逆流や、酸っぱいものを好んで食べるので酸性に傾き、酸を中和する力や再石灰化の機能も弱くなります。
さらに妊娠中は免疫力も低下します。お母さんのからだから見ると異物である胎児と共存するために、免疫寛容と呼ばれる力が働き、免疫反応を抑え込みます。お口のなかだけでなく、からだ全体の感染症のリスクが増大しているのです。

さきほど、つわりによる胃酸逆流に触れましたが、つわりのせいで歯ブラシをお口に入れるのがつらくなり、歯みがきがおざなりになることもあります。一度にたくさん食べられなくなって、少量ずつ何度も食べることになりがちなので、お口のなかが酸性状態になっている時間が多くなり、むし歯になりやすくなります。
ここまで並べてきた妊娠によるお口の中への影響をみれば、お口の二大疾患であるむし歯と歯周病のリスクが増大していることがおわかりいただけると思います。

さらに、歯周病になっている妊婦は早産や低体重児出産のリスクが高いという調査結果があります。これには「サイトカイン」という情報伝達物質が関連していると言われています。サイトカインは歯周病が増えたときに出され、過剰に分泌されると炎症が起き、歯周病が進行します。このサイトカインは、子宮収縮作用のあるプロスタグランジンE2という物質の分泌を促すので、出産の準備が整ったとみなされ、子宮の収縮・陣痛が起き早産を引き起こしてしまうのです。

またこれも女性ホルモンの増加の影響と言われていますが、歯茎に妊娠性エプーリスといわれるできものができることがあります。放置すると臭いの原因となったり歯がぐらついたりしますが 出産後、自然消失するのでプラークや歯石除去を行い経過観察します。 生活に支障をきたす場合や出産後にも残っている場合には切除も行います。
上述した唾液の減少、お口のなかの衛生状態が悪くなる、つわりによる胃酸逆流といったことから、口臭が強くなってしまうこともあります。

むし歯は感染症

「感染症」という言葉を辞書で引くと「病原体が生体内に侵入・増殖して引き起こす病気」とありました。「感染症」とくるとなんだか恐ろしい病気を想像される方も多いと思います。今回、感染症として注目するのは、「むし歯」です。すなわち、むし歯の原因となるミュータンス菌という菌は、ヒトの口のなかに最初からいるわけではなくて、何らかの理由で外から入ってくるものである、ということを取り上げたいと思っています。

生まれたての赤ちゃんのお口のなかには存在しないむし歯菌は、いったい、いつ、どのようにして入ってくるのでしょうか。その答えは、むし歯菌の感染元は母親など、周囲の大人だと言われています。
唾液を仲介して、むし歯菌を持った大人の口から、まだむし歯菌に侵されていないお口のなかへ、むし歯菌が入り込んでしまい、そのまま棲みついてしまうのです。

具体的に見てみましょう。熱いスープをフーフーして冷ましてあげて与える、硬い食べ物を噛み砕いて軟らかくして食べさせる、同じスプーンやコップを洗わずに使いまわす、スキンシップのキス等々。お子さんのためにしてあげていることなのに、そのなかのいくつかは、将来お子さんをむし歯にしてしまう危険性を高めていたのです。
毎日の忙しい子育てのなかで、これらのことをまったくせずに過ごしていくことは、かなり難しいことでしょう。けれどもそういった行為の回数は、少なければ少ないほどリスクは低くなりますから、少しだけ気にかけて、食事や日々の生活を送るだけでも違いは出てくるでしょう。
合わせて周りの大人たちにも努力していただきたいことがあります。大人たちの口のなかのむし歯菌を減らしておくことです。周りの人間の口のなかのむし歯菌が少なければその分、感染の確率も低くなるからです。むし歯があれば治しておく、正しいブラッシングや定期検診など日ごろの口腔ケア、といったことがお子さんを守ることにつながります。

生後1歳半から3歳くらいまでの間に、お子さんのお口のなかの微生物の構成比率が決まってくると言われていて、その後はあまり変わりません。この1歳半から3歳くらいまでの期間にむし歯菌を棲みつかせない努力が重要となります。短い期間ではありませんが、この間のガンバリがお子さんの一生を左右すると言っても過言ではありません。

もちろんこれらの努力をしたからと言って、むし歯にならないからだになったわけではありません。ですから、毎日の歯みがきはおろそかになってもいいとか、甘いものをいくら食べても平気、ということではありません。乳幼児期にむし歯菌の少ない口腔内環境を作ったあとは、日ごろのブラッシングでむし歯菌の棲みにくい清潔なお口のなかにして、むし歯菌の好物である糖分の摂りすぎに気を付けて、むし歯ゼロを目指しましょう。

小児矯正の基礎知識3~治療を始める時期 メリットとデメリット~

皆さんこんにちは、学芸大学駅最寄りの碑文谷さくら通り歯科クリニック院長の太田です。
今月の「歯の話」は『小児矯正の基礎知識3~治療を始める時期 メリットとデメリット~』です。

いつごろから始めたらよいのでしょうか?

お子さんの歯やあごの状態や成長度合いはそれぞれのお子さんで違いますし、歯科医師の先生にもそれぞれの考え方があります。あごの骨の成長をコントロールすることを主眼に置くと、あごが活発に成長する時期、上あごの場合7~8歳、下あごでは11歳からの2~3年間に合わせて治療を行うと効果が大きいとされています。この時期も男の子と女の子では差がありますし、もちろん個人個人で変わってきます。

メリットとデメリットは?

以前にも書いた、成長期なのであごの骨の成長をある程度コントロールできる、という点に加えて、メリットとしては、

  • 永久歯を抜歯する可能性が低い・・・これもあごの成長をコントロールできることに起因します
  • 歯を動かしやすく、動くのも速い・・・あごの骨がまだ柔らかいので
  • 費用的に安くすむことが多い、ただし適切な時期に治療を行えた場合

などが挙げられます。

次にデメリットとしては、以下が考えられます。

  • 通院期間が長くなることがある・・・永久歯がすべて生えそろうまで経過観察が必要なため。
  • むし歯になりやすい・・・子どもの歯は柔らかいこと、矯正中は歯みがきがしにくく行き届かなくなりがちなこと、などに因ります。途中でむし歯になって治療が必要ということになると矯正の方は中断ということもあります。矯正治療を始める前にむし歯を治しておくことに加えて、矯正治療中も口腔ケアは大切になってきます。
  • 子どものモチベーション次第で効果が出ないこともある・・・特に着脱式の矯正装置の場合、ご家庭で取り付けることになるので、お子さんのやる気が重要になってきます。

矯正治療に限らず、医師とよく話をして、納得して治療に入ることが重要です。なかでも矯正治療は治療期間も長く、費用もかかるので、少しでも不安や疑問があれば、専門医に相談するのがよいでしょう。

⼩児矯正の基礎知識2~⽇常のチェックポイント~

皆さんこんにちは、学芸大学駅最寄りの碑文谷さくら通り歯科クリニック院長の太田です。
今月の「歯の話」は『小児矯正の基礎知識2~日常のチェックポイント~』です。

日常でのみきわめ

歯医者さんにフッ素塗布や定期検診などで通っていらっしゃるお子さんであれば、歯科医師が言ってくれると思われるので、まずは安心でしょう。そうでなくても日々の生活のなかで、以下に挙げるような点があって気になるようでしたら、一度専門医にご相談されるとよいかもしれません。

  • 出っ歯や受け口、そのほか見た目で歯が不ぞろい
  • 歯自体は不ぞろいというわけではないが、顔の左右のバランスが悪い
  • 話し方がおかしい、滑舌が悪い

などのお子さんに歯並びやかみ合わせがよくない方がいらっしゃいます。

続いて、

  • 口呼吸がちである
  • 歯ぎしりがひどい
  • 指しゃぶり・おしゃぶりが止められない

といった習慣・クセは歯並びやかみ合わせを悪くする原因になるとされています。

食事の際には、

  • 片側噛み(あごの左右のバランスが崩れる可能性)
  • 口をあまり開かない(あごの発育が弱いことが原因のことも)
  • 食事に時間がかかる(開咬(奥歯は噛んでいても、前歯がかみ合わず開いている状態)が原因でうまく前歯でものが噛めない)

などがみられる場合には、注意が必要かもしれません。
乳歯から永久歯の生え変わりのときも注意して見守りましょう。

  • 乳歯と乳歯の間にすき間がない
  • 六歳臼歯(乳歯の奥に生える永久歯)が正しい位置に生えているか
  • 乳切歯(4本の前歯)がいつまでも残っている
  • 側切歯(前から数えて2番目の永久歯)のはえるスペースがなく、裏側から生えている

お子さんの歯に日ごろから関心を持つとともに、「かかりつけ医」を作って何でも相談できる環境を整えておくと心配も少なく済みます。

⼩児矯正の基礎知識1

皆さんこんにちは、学芸大学駅最寄りの碑文谷さくら通り歯科クリニック院長の太田です。
今月の「歯の話」は『小児矯正の基礎知識1』です。

「歯の矯正をするならお子さんが小さいうちに」と考えられているお母さんも多いと思います。しかし実際のところ、「なんで小さいうちがいいの?」と言われると「?」となって、詳しいことはわからないという方もけっこういらっしゃるのではないでしょうか。おさえておきたい情報をまとめてみましょう。

矯正するのはなんのため?

一番の目的は「歯並びをきれいにしたい」ということになります。「出っ歯」や「受け口」のせいで消極的になったり、それらを原因としていじめにあうこともないとは言い切れません。歯並びがよくなればそういった心配は減ることでしょう。矯正治療には他にもいろいろなよい影響があります。その一つはかみ合わせがよくなることです、かみ合わせがよくなると、以前より食欲が出たり、発音もよくなる例があります。かみ合わせが原因であごや頭が痛かったり、肩こりになっているのであればそれらも治すことができるかもしれません。
ほかにも歯並びがよくなることで歯みがきがしやすくなって、その結果として、むし歯や歯周病といった歯の病気に悩まされる確率も低くなります。このような矯正治療の効果を皆さんがだんだんと知るようになって、矯正治療を受けたいという方が増えてきています。矯正治療を受ける方が増えているのには、もう一つ別の背景も考えられます。

それは日本人の食生活の変化です。ハンバーガーなどのファストフードや麺類、ケーキやドーナツのようなお菓子類など、柔らかくてよくかまなくても飲み込めてしまえる食べ物がより好まれるようになりました。また塾や習い事で忙しくしている現代の子どもたちは十分な食事時間が取れないことも多いです。それらの要因が重なってかむ回数が減って、あごが十分に成長しない子供たちが増えています。見た目にはあごがすっきりした小顔の美男美女が増えた反面、小さくなったあごに、生えようとする歯が入りきらずに矯正治療の世話になっている、ということが起きているのかもしれません。

大人の矯正との違いは?

子どもの場合、まだ発育途上なので、歯の調整だけでなくあごの骨もある程度コントロール可能です。そのため治療の選択肢が増えることが大人の場合との大きな違いです。例えばあごに歯が収まりきらないときに、歯を抜くしか方法がないのか、それともあごを広げて収まるようにすることを検討できるか、というようなことです。ただし、ヒトの発育成長は、複雑で精巧な仕組みになっており、人間のちからで完全にコントロールすることは困難ですし、もちろん個人差もあります。

矯正相談(毎月最終水曜)

矯正相談(毎月最終水曜)

⽩い⻭で印象アップ

皆さんこんにちは、学芸大学駅最寄りの碑文谷さくら通り歯科クリニック院長の太田です。
今月の「歯の話」は『白い歯で印象アップ』です。

「色の白いは七難隠す」とは、おもに肌のことをいうのかもしれませんが、歯の白さも美しさのひとつとして気にされる方も多くいらっしゃっると思います。美への関心の高まりとともにホワイトニング(漂白=ブリーチング)治療を行なう歯科医院も増えています。
歯のホワイトニングとは人工のものを取り付けることなく、また健康な歯を損なうことなく、歯そのものを白くする治療のことを言います。
歯が白さを失って変色してしまう原因はさまざまで、主なものとして、

  • 色素やヤニの沈着による変色…コーヒー、紅茶、赤ワイン、コーラ、カレーなどの飲食物やタバコのヤニ
  • 加齢による歯の黄ばみ
  • むし歯などの病気、外傷、抗⽣物質など薬剤の副作用 などがあります。

ホワイトニング治療で効果が出ることが多いとされるのは、このなかで、飲食物の色素の沈着や喫煙者のタバコのヤニ、加齢による黄ばみなどです。
残念ながら、むし歯による変色や薬の副作用が原因の変色はとれにくいかもしれません。その場合は人工物を貼り付けたり、かぶせたりする治療になりますが、ラミネートベニアやオールセラミックスクラウンなどを考えざるを得ないかもしれません。

ホワイトニングの方法としては、大きく二通りあります。家庭で行うホームブリーチングと歯科医院で行うオフィスブリーチングです。両方を併用すると効果的です。
ホームブリーチングでは、それぞれの患者さんの歯にあったカスタムトレー(マウスピース)を歯科医院でつくり、そのなかに薬剤を入れでお口につけ、薬剤をしみこませて漂白します。
オフィスブリーチングでは、過酸化水素水を含んだペーストを歯の表面に塗布して起こる化学反応と、さらに可視光線やレーザーを照射して、より活性化させることで漂白します。治療時間は一回1時間前後で、1週間に1度くらいのペースで、1~2ヶ月くらいかけておこなっていきます。

ホワイトニングで使われる薬剤はオフィスホワイトニング、ホームホワイトニングどちらの場合も、消毒剤として使われている過酸化水素水・過酸化尿素が主成分ですので、人体に影響はありません。

ご結婚前に歯を美しくされたい方、加齢による黄ばみでお悩みの方、営業のお仕事などで人に会って話をする機会が多い方などは、白い歯で印象をアップできるかもしれません。

歯の寿命

皆さんこんにちは、学芸大学駅最寄りの碑文谷さくら通り歯科クリニック院長の太田です。
今月の「歯の話」は『歯の寿命』です。

「人生六十年」と言われていた日本人の寿命がいつのまにか「人生八十年」と言われるようになって、いまや「人生百年時代」と聞くようになりました。ヒトの人生には寿命がありますが、歯の寿命はどうなっているのでしょうか。

歯という器官それ自体は、年齢を重ねてもあまり大きく変化はしません。歳とともに黄色っぽくなったり、黒ずんできたり、長い間の酷使で摩耗してしまうことはあります。しかし歯が本来持っている働きができなくなり死んだ状態、すなわち寿命が尽きる、ということはありません。そのように考えると「歯には寿命がない」と言えるかもしれません。現実にはむし歯や歯周病によって、抜けてしまったり、歯医者さんに抜いてもらったりする歯もあると思いますので、いろいろな事情でその歯がなくなった時点を寿命というのが良いのかもしれません。

その意味での歯の寿命においては、歯の種類(中切歯、犬歯、大臼歯など)によって、かなりの差があると厚生労働省の調査にあります。寿命の短い歯は50歳くらいで長い歯で66歳くらいと隔たりがあります。

寿命が長い歯は犬歯だそうで、その理由は噛むときにあまり力がかからないことと歯の根が長いことだと推測されます。逆に最も短い歯は第二大臼歯です。奥歯のなかでも一番奥の歯のことで、噛むときに大きな力がかかることと、ブラッシングのときに歯ブラシが届きにくく、きれいに磨けない部分が残りがちであることが理由だと考えられます。

人生100年時代が来ようとしているのに対し、全部の歯の平均寿命は60歳くらいです。この大きな差は、完全とはいえない不自由な歯の状態で、長い老後を過ごしている方が多いということの表れと言えます。

人の寿命はずいぶん長くなりました。今後も伸びることはあるでしょうが、すぐに人生150年となることはないでしょう。その一方で、歯の寿命に関しては、ちょっとしたがんばりで比較的簡単に伸ばすことが可能です。からだの器官のなかでも歯は特に丈夫にできていて、先に書いたように歯それ自体が年齢によって衰えるということはないからです。歯の寿命を延ばすには、寿命を尽きさせてしまう病気、むし歯や歯周病から歯を守ればよいのです。

歯を一本でもたくさん残すことは、おいしいものを美味しく食べたり、見た目の美しさを演出するだけではなく、体中のさまざまな器官の健康に影響を与えます。残存歯の数と全身の健康や疾病との関連も進んできて、いろいろなことがわかり始めています。歳をとれば歯が抜けるのは仕方ない、とは考えずに、日ごろのケアに励んでいただき、長寿と健康を実現することを目標としましょう。

⼝腔がんを知ろう

皆さんこんにちは、学芸大学駅最寄りの碑文谷さくら通り歯科クリニック院長の太田です。
今月の「歯の話」は『⼝腔がんを知ろう』です。

「がん」といえば、「胃がん」や「肺がん」「大腸がん」「乳がん」などを聞くことが多く、「口腔がん」とは耳慣れない「がん」かもしれません。たしかに、口腔がんは、他の有名ながんと比べるとそのなかで占める比率は小さいのですが、恐ろしい病気であることには変わりありません。
口腔がんはお口のなかにできるがんの総称で、

舌がん
舌にできるがん
口腔底がん
舌の歯ぐきの間にできる
歯肉がん
歯ぐきにできる
頬粘膜(きょうねんまく)がん
頬の内側粘膜にできる
硬口蓋がん
上あごにできる
口唇がん
唇にできる

などがあります。発症率は年々増加していて、そのなかでは、舌がんが一番多く、口腔底がん、歯肉がんの順になっています。
口は、ものがからだに入るときの入り口です。食べ物だけを見ても、熱かったり、辛かったり、硬かったり、尖っていたりするものがあるうえ、アルコールやたばこなど刺激の強いものも口を経ます。お口のなかはいろいろな刺激でいつも傷つきやすい環境にあります。

そのような刺激を受けても、普通は十分に回復できる力を我々は備えているのですが、何度も何度も繰り返し何年も何十年も刺激を受け傷害を受け続けると十分に回復できなくなり、がん発生の原因になってきます。
むし歯や入れ歯が舌などにあたって刺激を与え続けることも、発がんの原因になりますし、お口のなかの衛生状態が良くなく、なんらかの粘膜の障害が常にあるようだと、これもまたがん発生母地となります。
しかし、ここまで見てきていただいてわかるように、口腔がんの場合、その発生は主に外部からの要因となります。したがって、食事の摂りかたや嗜好品の楽しみ方など生活習慣の部分と、お口のなかを清潔にし、良好な状態を保つことができれば、口腔がんの発がん確率を抑えることができます。
口腔がんもほかのがんと同様に、早期発見と早期治療が大切です。以下のような症状が出たときは、はやめにかかりつけ医に相談しましょう。

  • 口のなかに痛みがあり、続いている
  • 口内炎がなかなか治らない(2週間以上)
  • 原因不明の出血がある
  • 口のなかに腫れやしこりがある
  • 舌、頬、歯ぐきなどが赤くなっていて、沁みたり痛かったりする
  • 口のなかの粘膜が白くなった
  • あごが腫れて入れ歯が合わなくなった
  • 鼻の片側にだけ鼻づまりがある

自治体や歯科医師会が、口腔がん検診を行っている地域も多くなっています。機会があれば受診されることをおすすめします。