当院を受診される方へ

当院は、予防を中心として多くの方々にご利用していただける「かかりつけ歯科医」を目指しています。
むし歯、歯周病の感染症対策を万全にし、一般歯科・小児歯科・インプラント・入れ歯・矯正歯科・審美歯科など、総合的に質の高い医療をご提供できるよう努めております。

治療から予防へ

診療開始から終了まで 治療の流れ

痛みなど緊急性のある不具合は、その処置を優先して痛み・不具合を改善いたします。その後は下記のような流れでお口の中全体を健康にする診療とメンテナンスを進めていきます。

1.応急処置・検査

痛みがある方、歯が折れてしまったなど困りのことがありましたら優先的に、応急処置をします。
必要に応じてレントゲン撮影・歯周ポケット検査・かみ合わせチェックなど症状に合わせた検査を行ってまいります。

2.治療説明・治療

痛みが出ないように治療をしていきます。
その後治療の状況を見て、患者様のお口の状況について知っていただき診査結果をもとに治療の手順や方法などをご説明します。お悩みなども聞かせて下さい。

痛みに配慮した治療をしますので、安心して治療を受けて下さい。

3.お口のクリーニング・予防指導

かぶせ物などを入れる前に、きちんとお口をクリーニングしておくことで、むし歯が再発を防ぐことができます。
また、歯周病の治療も行わないと、歯を入れても、土台がだめになっては歯が長持ちしません。

歯磨きだけでは取りきれない歯垢や歯石を除去することで、むし歯や歯周病の原因菌を減らし、お口の中の環境を整えます。また、お口の中がさっぱりして気持ちよくなります。

患者様一人ひとりに合ったブラッシング指導や、お口の中の写真や、検査結果などは、「お口の健康手帳」にまとめてお渡ししています。

4.かぶせ物のカウンセリング

どのような治療方法、どのような材料を使って治療していくか、患者様に詳しくご説明いたします。患者様が抱える不安、疑問、悩みをお聞かせください。その方にベストな解決策を一緒に見つけたいと考えています。

5.治療終了、メンテナンスへ

治療が終わってからがスタートです。少しでもご自身の歯が長持ちするように、これから、歯が悪くならないように、定期的なメンテナンスをしましょう。
当院では歯周病治療、長期的なお口の管理においては、歯科衛生士が担当制で行っています。
それぞれの患者様ごとにお口の状態や症状を正確に把握していますから、安心して治療をお任せください。

なるべく削らない・抜かない・痛くない治療のために

当院が定期的メンテナンスを勧める理由の一つには、「なるべく削らない・抜かない・痛くない」治療をするためです。そのためには1年に1回の健診では、むし歯などの病状が進んでしまっているケースが多いのです。数ヶ月ごとにメンテナンスで来院していれば、むし歯になったとしても、ほとんど削らないで、病状を回復させることが可能です。

メンテナンス(予防歯科)について

治療が終了した後、健康な歯と歯茎を維持するためには定期的なメンテナンスがとても重要になります。そのため、当院では治療が終了した患者様ごとに最適な予防プログラムをご提案しております。
プログラムの内容は歯周組織検査、クリーニング、ブラッシング指導、フッ素塗布などを個々の患者様の口腔内の状態、ライフスタイルに合わせてご提案いたします。

セルフケアとメンテナンスが大切

「毎食後歯みがきをしているのに、むし歯になってしまった」などとよく耳にします。歯みがきをきちんとしていても、むし歯の原因となるプラーク(歯垢)は粘着力が強いため、歯ブラシでは落としきれません。また食事などで自然と歯は着色してしまいます。プラークの除去や着色は、自宅では処置できないため歯科医院でメンテナンスを受けることで、お口の健康と美しさを維持できるのです。

患者様へのお願い

当院では来院前には歯みがきをしていただくようお願いしています。それは常に患者様の歯みがきの癖や磨けていない箇所をアドバイスして、お口の中を清潔な状態にしてもらうことが、健康への第一歩と考えているからです。