スタッフ紹介

院長紹介

院長 太田彰人

経歴

石川県金沢市出身

1998年3月
日本大学歯学部 卒業
2002年3月
日本大学大学院 卒業
2018年5月
碑文谷さくら通り歯科 開業

所属学会

  • 日本歯周病学会
  • 日本顎咬合学会 認定医
  • 日本インプラント学会
  • 中野予防歯科研修会
  • ICD国際歯科学士学会

認定医・指導医

  • 歯学博士
  • かみ合わせ認定医
  • 厚生労働省認定研修指導医

ご挨拶

この度、目黒区碑文谷にて「碑文谷さくら通り歯科」を開院いたしました院長の太田彰人と申します。
「自分の歯で一生美味しい食事をしていただきたい」との想いのもと、丁寧な診療、分かりやすい説明をモットーに、これまで多くの患者さまを診療してまいりました。

お困りのこと、不安なことがございましたら、お気軽に相談ください。院長はじめスタッフ一同、豊富な経験を活かして患者さまの信頼に全力でお応えします。

地域の皆さまの健やかな毎日をサポートするクリニックを目指し、精進してまいります。
どうぞよろしくお願いいたします。

歯科医師

矯正医 坂本紗有見

経歴

1986年
東京歯科大学卒業後、東京歯科大学歯科矯正学講座入局
1993年
日本矯正歯科学会認定医取得
1996年
坂本歯科 副院長
2005年
銀座並木通り坂本矯正歯科クリニック 院長
2016年
銀座並木通りさゆみ矯正歯科デンタルクリニック81 院長(移転のため名称変更)

所属団体・学会

  • 日本矯正歯科学会 認定医
  • 日本成人矯正歯科学会 常務理事
  • 日本舌側矯正歯科学会
  • 日本アンチエイジング歯科学会 認定医・常任理事

著書

  • 「矯正治療中のカリエス・ペリオコントロール~オフィスケア・ホームケアのプランニング~」医学情報社
  • 「インプラント矯正アトラス 第二巻~15臨床医のアイディアと工夫~」プロシード社
  • 「ベロ美人で10歳若返る」Amazon Kindle


ファッション雑誌等取材掲載多数。
歯科商業誌等記事掲載多数。
歯科学会誌投稿多数。
学会等講演多数。
TV/Radio出演。

歯科衛生士

M

自己紹介

子どものころの歯科体験

通ってた歯科医院では優しくとても丁寧に治療して頂きました。

歯科衛生士になった理由

幼少期から虫歯になりやすく、大変な思いをしたため、歯の大切さを伝えられるような歯科衛生士になりたいと思ったからです。

碑文谷さくら通り歯科に就職した理由

地域密着型で予防に力をいれていたためです。

メインテナンスや患者対応で心がけていること

患者様が、安心して任せることができると思っていただけるような技術と対応を心がけています。

患者様とのコミュニケーションで心がけていること

患者様一人ひとりに寄り添って、信頼してもらえるように心がけています。

歯科衛生士の魅力・仕事をしていてよかったこと

患者様が治療に満足して笑顔で感謝された時です。
患者様とより近くで一緒に頑張っていけることです。

当院の診療の特徴と私の役割

地域密着型で一人ひとり丁寧に適切な治療を提供していることです。
私の役割は患者様が求める適切な治療を提供することです。

スキルアップのために心がけていること

先輩衛生士さんにたくさん学ばさせていただいてます。

今後の目標

自分自身の知識と技術に自信を持てるぐらい成長したいです。

好きなケアグッズ

ワンタフト

I

自己紹介

子どものころの歯科体験

前歯を抜歯するのに相当な時間と力をかけ、ペンチで引き抜こうとしたが抜けない恐怖体験は今も忘れられません。

歯科衛生士になった理由

歯に興味があり、それに携わることができる専門職に就きたかった。

碑文谷さくら通り歯科に就職した理由

歯科衛生士としての技術を発揮できる医院と感じたから。

メインテナンスや患者対応で心がけていること

患者様に常に不快な思いをさせないよう心がけています。

患者様とのコミュニケーションで心がけていること

楽しく歯科に通院していただけるよう、気持ちを掴むようにしています。

歯科衛生士の魅力・仕事をしていてよかったこと

治療を通して患者様に身近に貢献できる仕事であること。

当院の診療の特徴と私の役割

説明をしっかりとし、各患者様にとって最善の方法を選択し本人の意思を尊重するところが特徴でしょうか。私もわかりやすく、見通しが効く説明をし安心して通ってもらえるようアシストするのが役割かと思っております。

スキルアップのために心がけていること、今後の目標

新しい情報に常にアンテナを張り、歯周治療に関して患者様に密度の濃い治療を提供できるように取り組んで生きたいです。

好きなケアグッズ

SPTメディカルガーグル

G

自己紹介

子どものころの歯科体験

父の通院していたクリニックに行って、治療されて泣いたら、「泣くなー!!」とDrに叱られました。
小学生の頃、矯正をしたが、自分の希望ではなかったため辛かったです。

歯科衛生士になった理由

私は本当は薬科大に行きたかったのですが、親に反対され、医療で働きたい気持ちは諦められず、歯科衛生士学校を選択しました。
実習先で素敵な先輩に出会い、その人のようになりたいと思って、歯科衛生士になりました。
その先輩は、患者様の気持ちのサポートができる、笑顔が素敵な人でした。
私は歯科衛生士の仕事が上手とか、仕事ができるとかそういうこと以上に、患者様の気持ちがわかる歯科衛生士になる、寄り添える歯科衛生士になりたいと思って、続けてきました。

碑文谷さくら通り歯科に就職した理由

歯周治療にしっかり取り組んでいる医院だったので。

メインテナンスや患者対応で心がけていること

モチベーションが下がっていないかを確認します。
患者様の近況などを聞き、患者様の環境や気持ちをできる限り理解した上で、少しでもモチベーションが上がるような雰囲気作り、アドバイスを行うようにしています。

患者様とのコミュニケーションで心がけていること

患者様の話を出来るだけ親身になって聞くようにしています。不安や心配はあって当然なので、励ますことを心がけています。

歯科衛生士の魅力・仕事をしていてよかったこと

「あなたがいたから、歯科治療が受けられるようになった。ありがとう」と歯科恐怖症だった人に言われた。
Drより、患者様に近いポジションにいれることで、寄り添った治療ができる。

スキルアップのために心がけていること、今後の目標

一つ一つの症例に対して、一つ一つ丁寧に取り組み、Drのサポートがしっかりできるようになる。

「Drの指示のもと」は基本的なことですが、ある程度、自分で想定する力を鍛えることが必要だと思います。ただのDrのアシスタントでは、仕事として面白味はないと思います。Drの立場、DHとしての立場として、意見を出し合える職場作りができるDHが良いと思います。

好きなケアグッズ

基本的なものしか使いません。
まっすぐなカットの歯ブラシ・歯間ブラシ・フロス・タフトブラシなど

嫌いなケアグッズ→変わったカットの歯ブラシ・システマ・クリアクリーン・ゴムの歯間ブラシ

歯科助手・受付

S

自己紹介

子どものころの歯科体験

小さい頃はずっと同じおじいちゃん先生でした。代理の先生になったら号泣して出来ないくらいでした。引っ越しても小学一年生ながらバスに乗って通っていました。私自身、むし歯になる危険性が高くよく歯医者さんにお世話になっていました。

歯科助手になった理由

昔は歯医者さんが苦手でしたが成人し矯正をした時から歯って大事なんだなって思いました。
人と接するのが大好きなので歯に関係のある仕事につき、そこで働いている方達のように楽しく仕事ができたらいいなって思ったのがきっかけです。

患者様の対応で心がけていること

歯科医師、歯科衛生士よりも患者様に携わる時間は少ないですが歯科医院の入り口は受付です。なので笑顔でお話しすることによって少しでも不安を和らげられたらと心がけています。

歯科助手の仕事をしていてよかったこと

初めは緊張して歯科医院にいらした患者様が、帰るときには笑顔で帰られるのを見たとき。

歯科助手の魅力

患者様とより近い立場で接することができること

当院の診療の特徴と私の役割

診療室では聞きにくいこともあると思いますので、受付で患者様が気軽に質問できるようなアシスタントになればと思います。

今後の目標

もう少し落ち着いたら受付に関する資格を取得しようかと思います。