指しゃぶりから卒業

ずっと治らないのでは…、と不安な気持ちにもなるお子さんの指しゃぶりですが、個人差はあったとし ても成長とともに自然に治まるものです。
しかし、学校に進む年齢になってもやめられなかったり、できれば早い段階で指しゃぶりから卒業させた いと、お考えになるお父さんお母さんもいらっしゃると思います。指しゃぶりを上手にやめさせる?法を 考えてみましょう。

最初に意識してほしいことは、指しゃぶりをやめさせるのにあたって、指しゃぶりを指摘して注意したり、叱ったりするのはお子さんにとって非常なストレスになるので、あまりよくないということです。 ひとつのアプローチとして、まず指しゃぶりのことを忘れさせてしまうことを考えてみましょう。日々の成長のなかで遊びで手を使うようになると、指しゃぶりはしないようになってくるので、手遊びをたくさん教えてあげるのはよい方法のひとつです。
また、本を読み聞かせするときはいっしょに本を持つようにするなど、手を使わせる工夫はいろいろ考えられると思います。
寝るときに指しゃぶりをするときは、手をつないで寝るようにするというのはどうでしょうか。指は使え なくなるし、スキンシップで安らかな気持ちで眠れるでしょう。

こちらの言うことが理解できる年齢になれば、「指しゃぶりはあまりいいことではない」ということを言って聞かせるという方法もあります。
具体的に言うと
歯並びへの影響…「お話やお歌がうまくできなくなっちゃうよ」
自尊心・羞恥心に訴える…「赤ちゃんみたいだからだんだんやめていこうね」
衛生面…「手にはバイキンがいっぱいついているよ、なめると汚いんだよ」という感じでしょうか。
もちろん、指しゃぶりをしないよう気を付けている、指しゃぶりを我慢している、というお子さんには 「褒める」ということも大切です。

そういった工夫をしてもなかなかやめられないときは、指しゃぶり防止グッズもあります。指に着けて指しゃぶりの感覚が得られなくするものや、人体には無害ですが少し苦い味のするコート剤などもあります。

どの方法をやってみるとしても、お子さんにもご両親にもストレスとならないよう気軽な心持で取り組んでください。歯科医や小児科医もさまざまな例に対応できますので、かかりつけの先生に相談してみるのもよいでしょう。