投稿者「crecer_admin」のアーカイブ

むし歯になりにくい食べ方飲み方

歯磨きの回数も少なくて、磨く時間も短いのにむし歯の全くない人がいます。かたや、毎日欠かさず一生懸命に歯を磨いているのに、むし歯になってしまうことがあります。
「体質のせい」「歯が弱くて柔らかいから」…いろんなことを言う人がいらっしゃいますが、「食べ方」「飲み方」もむし歯のなりやすさに大いに影響します。

「ミユータンス菌」などに代表されるいわゆる「むし歯菌」が糖類などの食料を得てそれを餌にして酸を出し、その酸によって歯の表面のエナメル質が溶け出す…この脱灰と呼ばれるメカニズムによって、むし歯は作られます。

通常なら唾液などのはたらきでお口のなかが酸性から中性・アル力リ性に戻ることによって、脱灰によって溶け出した部分は再石灰化という作用によって修復されます。
酸性(脱灰)とアルカリ性(再石灰化)のプロセスが交互にバランスよく回っていれば、むし歯にはなりません。
けれども、何らかの理由でお口のなかの酸性状態が長くなってしまうと、再石灰化による修復が間に合わな<なり、むし歯になってしまうのです。

毎日の食事やおやつといった間食によって、食べものや飲みものを摂ると、歯垢のなかのむし歯菌が、食べものや飲みものの糖分から酸を作り出します。ですから、食事や間食の回数や費やす時間が多くて長いほど、むし歯になる危険にさらされることになるのです。

スマホをしながら、テレビを見ながら、甘いお菓子や、ジユース、清涼飲料を飲み食いする「ながら食べ」が、歯にとってはとても恐ろしいことと想像がつくことでしよう。

しかも、ただ長時間ダラダラと食べているだけでなく、そういった時間は噛むことに集中していないので、食べ物が口のなかに入っている時間も長くなります。至極の時間であるかもしれませんが、「ながら」はできるだけしないように習慣付けましよう。

食べる量を少なくしてたびたび間食することもよくありません。少量でも回数が多いとお口のなかがアルカリ性になかなか戻らないからです。ちよっとずつ甘い飲み物を何度にも分けて飲む習慣や、眠気覚ましの甘いコーヒーなども同様です。

間食については、時間や回数を決める、甘い飲み物の代わりに水やお茶にする、どうしても甘い飲み物が欲しいときは、甘い飲み物のあとに甘くない飲み物も摂る、といった工夫で少しでも安全な時間を増やしましよう。

さらに加えて、「よく噛むこと」にも気を使いましょう。唾液の分泌が活発になり、アルカリ性に近づけてくれます。自浄作用で食べかすを洗い流してくれ、むし歯予防につながります。

食べ方や飲み方を変えるだけでむし歯を防ぐことができるわけではありません。しかし、食べ方や飲み方を変えることで予防の大切さを考えるようになっていただければ、相乗効果でより大きな効果も期待できるかもしれません。

2月の診療日について

【太田:院長】
2、6、10、12、20、26日が休診

【鈴木:一般・小児歯科】
5、9、13、16、19、27日が休診

【坂本:矯正歯科】
2、9、13日診療

【住谷:歯科口腔外科】
16日診療

どうぞよろしくお願いいたします。

1月の診療日について

【太田:院長】
9、15、23、29日が休診

【鈴木:一般・小児歯科】
5、8、12、16、19、22、26、30日が休診

【坂本:矯正歯科】
5、12、30日診療

【住谷:歯科口腔外科】
19、31日診療

どうぞよろしくお願いいたします。

12月の診療日について

【太田:院長】
5、19日を除き診療

【鈴木:一般・小児歯科】
1、8、11、12、15、22、26、28日を除き診療

【坂本:矯正歯科】
1、15、26日診療

【住谷:歯科口腔外科】
8、22日診療

どうぞよろしくお願いいたします。

高齢者の口腔ケア 2 ~要介護者の口腔ケア~

 高齢者の方をお世話することは、広く生活全般にわたり、身の回りのことから食生活、生活環境、リハビリや医療関連のケアなど、あげればキリがないほどです。
 そのようななかでお口のなかの世話まで・・・ということかもしれませんが、お口はからだの入り口です。さまざまな器官とも関わってくるので気を配る必要があります。
 歳を重ねて高齢になるにつれ、思うように歯磨きができず、時間をかけてもご自身ではきれいにできなくなってきます。そんなときに介助の方の手を借りれば、短時間できれいにできるのでやっていただければよいかもしれません。
 しかし、リハビリテーションの観点から見ると、できる限り自分で磨くことが重要です。歯ブラシの柄が細くて、うまく握れないのであれば、握りの太いものに替えたり、電動歯ブラシを試してみたりして、できるだけ自分でできるよう工夫しましょう。
同じように入れ歯の清掃・洗浄もご自身できるところまでやってもらって、自立を支援しましょう。

 介護度が高くなって、ご自身では磨けなくなってしまった高齢者には、介護者がブラッシングを行います。歯ブラシのヘッドは小さめのものを使い、毛先の柔らかいものを選びましょう。

ブラッシングをするときには、姿勢に注意を払います。高齢者自身が無理のない楽な姿勢でいられること、介護者が口のなかがよく見えるようにすること、誤嚥・・・誤って食べ物や唾液が気管に入ってしまうことの防止のため、寝たきりの方でち30度以上は起き上がるようにする・無理な場合はからだを横向きにして、顔をやや下に向けること、などです。
 口の渇きや口臭、舌苔(ぜったい)、口腔力ンジダ症の予防を考えて、歯の清掃のみならず、舌や粘膜の清掃も忘れないようにします。

 また、最近はいろいろな口腔ケアグッズが市販されるようになってきました。なかには使い方が簡単で便利なものもあります。お値段も手ごろなものからあります。そういったグッズを使うのもよいかもしれません。
スポンラブラシ・・・水などに湿らせて使用します。歯の表面、歯ぐき、口蓋、舌の汚れを効果的に取り除くことができます。
ガーゼ付き手袋・・・手袋状になっていて、口の中の食べかすや歯垢をふき取れます。
口腔内清掃ブラシ(クルリーナブラシ)・・・毛で覆われた球面ブラシで、クルクルと回しながら清掃します。
粘膜ブラシ・・・部分入れ歯や義歯を外した後の口腔内粘膜、残った歯の周辺や舌などを清掃します。
舌ブラシ・・・舌苔を効果的に取り除くことができます。

 口腔内を清潔に保つことは、口からの疾病を防ぐだけでなく、毎日お食事を楽しみ、おしゃべりに興ずるという、豊かな生活を送るための大きな手助けとなります。

高齢者の口腔ケア1 ~高齢者の口の中~

人口の高齢化はさまざまな国で大きな社会問題となっています。なかでも我が国の高齢化は他の諸外国に例をみない速さで進んでいます。試算では21世紀のなかばには、日本人の三人に一人が65歳を超えるという超高齢化社会を迎えると言われています。


当コラムを読まれている方のなかにも、ご自身がそのような年代に差し掛かっておられる方もいらっしゃるでしょうし、身近に高齢者の方がおられる方も多いのではないかと思います。
そんななかで、高齢者の方のお口のなかがどのような状態であるのか、知っておいていただければ、多少はお役に立てるかもしれません。

私たちは歯が生えてきてからずっと噛むことを繰り返してきました。その結果、上下の歯は噛んで接触することにより徐々にすり減っていっています。咳耗 (こうもう)と呼ばれています。
咳耗自体は、かみ合わせが悪かったり、または歯ぎしり癖などで極端に激しくすり減るようなケースを除いては、大きな問題にはなりません。しかし冷たいものや熱いものがしみるようであれば、一度歯科医 院に相談してみてください。

また、どなたでも40歳前後になると、加齢現象のーつとして歯ぐきの「やせ」が見られるようになります。歯周病にかかっている方はもっと早くから、やせることもあります。
歯ぐきがやせて下がってくると、今まで歯茎に覆われていた軟らかい象牙質の部分が見えるようになり、その部分が削れてきます。ブラッシングが強すぎるとそれだけで削れてしまうこともあります。さらに、歯と歯の間にすき間ができ、食べものが詰まりやすくなったり、汚れがたまりやすくなります。

高齢者のお口の中に起こるもうーつの大きな変化が唾液の減少です。減少の原因は、加齢や全身疾患、 降圧剤、精神安定剤、睡眠薬など薬の服用などとされています。唾液による自浄作用が減少するので、 口腔内の衛生状態が悪化します。口臭も強くなるし、舌苔も増加するなど考えられるので、注意が必要です。

歯茎が下がる、唾液の減少という現象が合わさると、むし歯になりやすくなります。歯の根元の部分はやわらかくむし歯菌に弱いですし、ケアのしにくい歯と歯の間にできたりすると見つかりにくく、処置も遅れがちです。細い部分でもあるので、むし歯力榊経に達するのも速く、処置も難しいものとなります。

長く働いてきてくれた大事な歯ですから、若いとき以上にケアに力を入れて、歯とお口を守りましょう。

11月の診療日について

【太田院長】
6、14、27日を除き診療

【鈴木:一般・小児歯科】
7、10、13、17、20、24、28日を除き診療

【坂本:矯正歯科】
10、14、17日診療

【住谷:歯科口腔外科】
18、24日診療

どうぞよろしくお願いいたします。

離乳⾷とお⼝と⻭の成⻑2

 前回コラムで離乳⾷の初期から中期までを簡単に説明させていただきました。いよいよ離乳後期の始まりです。指先で物を掴めるようになるので、「⼿づかみ⾷べ」や「遊び⾷べ」を盛んにするようになり、ご両親にとっては⼤変な時期に⼊ります。

 この時期は、前⻭の上下8本が⽣え始め、上あごが広がり、⼝の中の容積も⼤きくなります。唇や⾆の動きもずい分と達者になり、⾆は上下運動に加えて、左右に動かせるようになります。
⾆では潰し切れない⾷材を⾆で器⽤に寄せて、⻭ぐきで噛んですりつぶす、というようなこともできるようになってきます。
 前⻭の成⻑にしたがって、⾷べ物をかじる動きを覚え、ひと⼝で⾷べられる量を学んでいきます。この離乳後期では、⾷材は5mm〜7mmくらいの粗みじんにして、バナナくらいの固さに煮込んでください。
スプーンについてもこれまでは平らなものを使ってきましたが、このころになったら、くぼみのあるものに替えるとよいでしょう。

 先に述べた「⼿づかみ⾷べ」や「遊び⾷べ」の “被害” は⾐類や⾷卓だけでなく床にまで広がり、ご両親にとっては悩みの種でしょう。しかしお⼦さんの成⻑という局⾯で⾒ると、⾷べ物にさわる・その感触や 温度を感じる・⾷べ物がこぼれたり落ちたりするのを⾒る、といったひとつひとつの経験が、⾚ちゃんの好奇⼼や五感を刺激して、豊かな感性を築きます。
⼤⼈にとっては何ということもない、⾷べ物をつかんだり⼝に運んだりする⾏為で、ものと⾃分との距離感覚を学ぶなど、ひとつひとつ⾃分以外の世界に⾃ら触れることで、感覚機能や運動機能・認知⼒などが⾝についていくという貴重な経験で、最初の⾷育と⾔えるかもしれません。

 さらに成⻑が進んで、前⻭の上下8本が⽣えそろい、奥⻭が⽣え始めるころになると、⾆の動きもさらに⾃由⾃在となり、⾷べ物をすり潰すのに奥⻭を使うことができるようになります。⾷材も1cm⾓くらいの⼤きさでも平気になります。ただし、噛む⼒はまだそれほど発達していませんので、⾷べ物の固さは、スプーンで切れる⾁団⼦くらいの固さにします。
 この時期を離乳完了期と呼んで離乳⾷も終わりが近いのですが、この時期とこのあとの幼児⾷への移⾏にかけては、⾷べ物の固さに注意が必要です。
奥⻭がまだ⽣えておらず噛めないのに、固い⾷べ物を与えると噛まずに呑み込む癖がついてしまいます。 また、3歳を過ぎると⼤⼈と同じくらいの固い⾷べものも⾷べられるようになりますが、その時期を過ぎても、いつまでも柔らかいものばかりを与えていると逆に、噛む気がなくなってしまうということもあります。

 ⻭や⾆の成⻑に合わせて正しい段階を踏んで離乳⾷を進めていくことに加えて、⾷育ということも頭の⽚隅で意識しつつ、正しい⾷べ⽅やマナーを⾝につけさせてあげたいものです。

10月の診療日について

【太田:院長】
3、10、16、24、30日を除き診療

【鈴木:一般・小児歯科】
1、3、7、8、10、11、14、15、16、18、21、22、24、25、27、28、29、30日診療

【坂本:矯正歯科】
6、20、24日診療

【住谷:歯科口腔外科】
13日診療

どうぞよろしくお願いいたします。