むし歯治療

私たちはこの2つを大切にしています

  1. 神経を残すこと
  2. 歯の寿命を延ばすこと

悪いところを治すのはもちろんのこと、歯をいつまでも長くもたすこと。つまり「歯の寿命を延ばす」これが私たちの理念です。
歯の寿命に大きく関与するポイントに『神経を残す』事があります。むし歯が大きくてもすぐに神経を取るのではなく、神経を保護することによりできるだけ神経を残す治療をしています。

出来るかぎり、痛みを軽減する治療

表面麻酔

麻酔液の注射をする部分にあらかじめ表面麻酔を塗る事で注射の痛みを軽減します。

「極細の針」を使用

麻酔針は最も細いものを使用し、麻酔薬も出来るだけ等圧で注入する事で痛みを軽減します。

麻酔液を人肌まで温めます

専用の機械を使用して、麻酔薬は体温に近い温度に温めてから注射針を刺すので違和感の軽減に効果的です。

電動麻酔注射を利用しゆっくりと注入

電動麻酔器は麻酔の痛みの原因である麻酔液が注入される時の圧力の差を一定にする事で、痛みを軽減する事が出来る医療機器です。

炭酸ガス(CO2)レーザー

現在、レーザー治療器は、さまざまな医療現場で使われています。
歯科用レーザーにも色々な種類があり、それぞれ微妙に得意分野があります。
当医院の使用しているレーザーは「炭酸ガス(CO2)レーザー」です。
生体にたいして最も安全と言われている種類のレーザーです。

1、痛みをとる。
2、傷・炎症を速く治す。
3、免疫機能を高める。

出来るかぎり、歯を削らない治療

拡大鏡(ルーペ)

拡大鏡(ルーペ)を使用することによって、肉眼で見るよりも視野を拡大できるので、より精密な治療を行うことが出来ます。

マイクロスコープ

顕微鏡による精密治療

顕微鏡を用いることで肉眼の4~24倍の大きさで見ることができるので、主に以下の分野で精密に治療ができます。

  1. う蝕(むし歯)治療
  2. 歯の根の治療

顕微鏡により肉眼では見えないぐらい小さなむし歯を早期に発見することができれば初期段階での治療が出来ますし、暗く狭い根管部分(歯の根の部分、神経が入っている管)も、顕微鏡治療では明るく拡大出来ますので、従来のレントゲンを参考にしながら経験と勘を頼りに施す治療とは大きな差が出ます。

エキスカベーターで削る量を最小に

歯を削る道具の比較

名称
(略称・通称)
エアータービン
(タービン)
コントラアングル
(5倍速コントラ)
スプーン
エキスカベーター
(エキスカ)
動力 圧搾空気
(すぐに止まらない)
電気モーター 手動
削る力 強い 非常に強い 弱い
回転数 非常に早い タービンより遅い 回転しない
動作音 大きい
(不快なキーン音)
静か ない
切削時間 短い 短い 時間がかかる
写真

スプーンエキスカベーターの構造

  • 大型の耳かきのような外観
  • 先端部分に刃がついており、刃の部分で感染歯質を削る(エナメル質は削れない)
  • 使っていると刃が鈍るので、定期的に研磨が必要
スプーンエキスカベーターの特徴
  • 手で感染歯質を削る道具です。
  • モーターや圧縮空気で動作するものではないため、音も熱もありません。
  • 歯が比較的柔らかい小児の歯科治療に適しています。
スプーンエキスカベーターのメリット
  • 音や振動が小さく、麻酔の必要性も低くなるため、小児に恐怖心を与えにくい。
  • 小児が治療を嫌がる可能性が低いため、親御さんへのイメージが良くなる。
  • タービンなどに比べ削る力が弱く、手に伝わる感触が術者にフィードバックされる、細かい操作ができるため、健全歯質を削るリスクが低く、MI(最初侵襲治療)が実現できる。

スプーンエキスカベーターはMI(最小侵襲)

スプーンエキスカベーターと、う蝕検知液

スプーンエキスカベーターで感染歯質を除去するときは、う蝕検知液を用いてう蝕部分を確認し、感染歯質を取り残さないことが重要。