ホワイトニングとは

歯を削らずに白くします

歯を削ることなく、白く美しい口元に仕上げたい方のために、審美歯科治療の中でも人気の高いホワイトニングをご紹介します。

30代 男性 施術 2回

ホワイトニング前(A3)

ホワイトニング後(A1)

オフィスホワイトニング 2回コース 60分 30,000円(税別)
副作用(リスク):一時的に歯がしみることがあります。
※治療期間、費用、施術の流れ、仕上がりに関しては個人差があります。

こんな方にお勧め

  • 歯を削りたくない方
  • 自然な明るい白さにしたい方
  • 負担の少ない審美歯科治療がしたい方
  • 自宅で定期的にケアをしたい方

お勧めできないケース

  • 差し歯やひどいむし歯など、神経のない歯を白くしたい方
  • 芸能人のように真っ白にしたい方

どうして白くなるの?

ホワイトニングは、専用の薬剤をつかって歯の表面のエナメル質部分の着色を分解して白くする審美歯科治療の一種です。加齢や普段の飲食などで定着してしまった黄ばみを落とすことが出来ます。

繰り返し行うことでより白さを定着させることができますが、一回のホワイトニングでは効果がでないケースも多くみられます。より高い効果を得るために施術前にクリーニングをおこなって歯の表面の汚れをしっかりと落とすことがポイントです。

しみるような痛みが不安な方へ

ホワイトニングの施術中、歯が熱を持ってしまうことが痛みにつながると言われています。

具体的には、歯表面の温度が5度を超えると痛みが出始めます。敏感な方は施術が終わっても痛みが長引くこともあり、2回目以降の施術をためらう大きな理由となってしまいます。

施術の種類 メリット デメリット
ジェルのみ ・痛みが少ない
・効果が高い
・導入医院が少ない
レーザー照射 ・光照射よりは痛みが少ない ・痛みが出やすい
・効果があまり高くない
光照射 ・導入医院が多い ・痛むことが多い
・効果が低い

ホワイトニング治療のポイント

1.表面の汚れを落とす

エアフローなどをつかって歯面清掃を行います。目には見えない汚れも落とすことができ、効果を高めるための大切なステップです。

2.歯ぐきをガードする

特にオフィスホワイトニングで使われる薬剤は高濃度です。歯ぐきに付着すると変色してしまうため、薬剤でガードすることで、しっかりと根元までホワイトニングをすることが出来ます。

3.結果を確認

効果測定は専用の機械による数値チェックがもっとも確実です。きちんと白くなったことを確認し、効果が薄ければ、さらに繰り返し行う必要があります。(1回の来院で複数回の施術が出来るかどうかはクリニックによります。)

より確実に白くしたい方へ

白さをきちんと定着させたい方、後戻りを防ぎたい方は、繰り返しのオフィスホワイトニングに加えてホームホワイトニングも併用することがもっとも効果的です。

効果が高く強い薬剤を使用するオフィスホワイトニングで白さを上げ、それをキープさせ次回の施術につなげる役割を果たすのがホームホワイトニングといえます。

例えば芸能人など常に口元が白く明るい方は、定期的にメンテナンスに来院されているといえるでしょう。

ホワイトニングの効果

当院では”オフィスホワイトニング”と”ホームホワイトニング”の2種類をご用意していますが、短期間でしっかりと効果を出したい、白くされたい場合は高濃度の薬剤を使用するオフィスホワイトニングがおすすめです。

専用の機械を使って効果をチェック

1回のオフィスホワイトニングでどのくらい白くなったのかを、色を数値化する専用の機械を使用して測定します。鏡での目視だけでなく、客観的な数値を確認することで、よりホワイトニングの効果を実感していただけます。(この機械は数値が低くなるほど白さがトーンアップしていきます)

一般的に、日本人の平均的な歯の色は約7.0~8.0とされています。対して、ホワイトニング白くすることのできる限界の数値は約3.0です。短期間でしっかりと白くしたい方には、オフィスホワイトニングを3~4回行うことで効果を実感していただけます。

デュアルホワイトニング

  • 効果が出るのが早く、長持ちする
  • 下記二つよりさらに白くすることができる

オフィスホワイトニング

  • 1回でかなりの効果が期待できる
  • 何かあればすぐに医師に相談できる

ホームホワイトニング

  • 医院に通わず、自宅で好きな時間にできる
  • 効果が長く続き、色戻りしにくい